育毛剤でグングン生えます|髪の毛復活支援センター

病院で受ける

AGAについて

最近ではテレビコマーシャルでもお目にかかることがありますから、AGAについては、知名度がかなり上がってきているはずです。 AGAとは、男性に起こる脱毛症のことです。そして、AGAは決して病気ではなく、男性型脱毛症と呼ばれている形質の現れのことです。また、AGAは遺伝することが知られており、額の生え際や頭頂部からの薄毛が特徴的です。 AGAを引き起こす原因物質は、既に特定されており、代表的な男性ホルモンであるテストステロンから、5αリダクターゼという転換酵素の働きで作り出されるジヒドロテストステロンであることが分かっています。そしてAGAは、5αリダクターゼを阻害するフィナステリドという医薬品で治療できるのです。

治療するためには

AGAを治療するためには、フィナステリドに代表される治療薬を長期間服用し続ける必要があります。そして、AGAの治療は病院で受けるのが基本です。 なぜならば、フィナステリドは処方せん医薬品ですから、医師の診断に基づいて処方されるべき医薬品なのです。 ただし、AGAは病気ではありませんから、病院における治療は自由診療となり、健康保険の適用がありません。ですから、病院で行う治療では患者の金銭的な負担が大きくなる傾向があります。 そこで、最近では病院以外でフィナステリドを安価に入手する患者が多くなっているのです。その方法とは、インターネットの個人輸入代行サイトを利用して、海外で製造されるフィナステリドのジェネリック医薬品を入手する方法です。